「ねぇ、離婚したい」そう暗く切り出した私。すると旦那が即答『お前、それより…』と、言葉を失う事を話し出した

私は以前、不思議な体験をしました。

正確に言うと私ではなく夫が、

と言った方が正しいですが。

私たち夫婦は、数年前に

離婚の危機にありました。

と言うのも、

互いに仕事をしている共働きの夫婦で、

すれ違いの生活が多くなったせいで

価値観がズレて行った事が原因でした。

旦那もそうですが、私もバリバリの

仕事ウーマンだった事で、上手く

捌け口を見つける事が出来なかったため、

この様な結果に繋がったのだと思います。

このままだと、お互いに良くないし、

夫婦として

”最良の機能”を果たさないまま人生を終えてしまうのではないか?

そんな疑問と懸念を抱き出していた私は、

頭の片隅で「離婚」の文字を

浮かべていました。

私は本当に夫が大好きで、

愛していましたが、妻として家事を

完璧にこなせていない事や夫への

サポートが不十分な事で、罪悪感と

自分への嫌悪感に責め拉がれて

いたのかもしれません。

そうです…

自分で勝手に自分を追い込んでいただけなのですが、

その時の私は完全に消極的になり、

何も考えられない状態でした。

「ずるずる引き延ばせば、旦那に

迷惑を掛けてしまうかもしれない…」

そして、ついに旦那に

別れを切り出しました。

「離婚しましょ」と。

すると、即座に旦那から返された言葉に

私は言葉を失ってしまいました。

 

次ページへ続きます