入院中の私「彼氏が見舞いに来ない」医者『そんな彼氏、別れちゃえよ。俺の彼女になってよ』「病院の屋上でエッ〇」→退院の日、衝撃の告白が…。

一度も見舞いに来てくれない彼氏にイライラしてる時だった。

当時28歳の私はバリバリの営業だった。

成績優秀で私の売上で

会社を支えてるように錯覚してた。

でも走り続けなくてはならない営業は

正直きつくていつまで走り続けるんだろう。

いっそ出来婚でもして潔く専業主婦に

なってしまおうかと考えてた。

当時の彼氏は大企業で安定した人。

でも仕事が忙しく、毎日深夜まで残業。

会社近くの独身寮に住んでたので

週末しか会えないけど、私が営業職で

週末も微妙に仕事が入ったりですれ違い気味。

倦怠期で冷めかけてたこともあり

ちゃんと話をして別れるか

結婚するならそろそろ具体的な話をすべきだし

彼の態度次第では潔く結婚して

楽になるのもいいかなと思ってた。

そんな時に外回り中に交通事故に遭い入院。

家からも会社からも彼氏の寮からも

車で2時間くらいの病院に入院してしまった。

母親すら免許がなくて滅多に来れなかった。

悲しいことにほとんど

お見舞いに来てくれなかった。

入院していた3週間、彼氏は一度も来なかった。

当時はまだ、携帯もi-modeが

徐々に普及し始めた頃で

スマホやタブレットで時間を潰すこともできず

暇潰しは小説や雑誌を読むしかなかったけど

本当に暇だった。

看護師さんは女性ばかりで看護婦さんのボスは

婦長さんと呼ばれていた時代だった。

 

次ページへ続きます